Blog ブログ
お問合せ・ご相談

Googleビジネスプロフィールから自社Webサイトへの流入ユーザーを解析する方法

WEBノウハウ

2023-08-04

Googleビジネスプロフィールから自社Webサイトへの流入ユーザーを解析する方法

こんにちは、Creative.LABのスタッフTです。

この記事では、Googleビジネスプロフィールから自社Webサイトへの流入ユーザーを解析する方法についてご紹介します。

「Googleビジネスプロフィール」は、企業や店舗、地域の情報をGoogle検索やGoogleマップで表示するための無料ツールです。
Googleビジネスプロフィールを最適に活用することで、自社Webサイトへの流入ユーザーを増やすことができます。
そのためにも、Googleビジネスプロフィールから、どれくらいのユーザーが自社Webサイトへ流入してくるのかを正確に把握し、効果を測定することが重要です。

標準設定のGoogleアナリティクスでは確認できない

Webサイトの解析ツール「Googleアナリティクス」の標準設定では、Googleビジネスプロフィールから自社Webサイトへ流入したユーザーを判別できません

通常、Googleビジネスプロフィールの「ウェブサイト」をクリックして自社Webサイトにアクセスした場合、Googleアナリティクスでは「direct(ダイレクト)」としてカウントされます。



※Webサイトへの流入元(どこから自社Webサイトに辿りついたのか?)を確認できます。
「direct」はブックマークからのアクセスや、メールなどに記載されたURLをクリックしアクセスした場合などに分類されます。

解析するための設定方法

Googleビジネスプロフィールから自社Webサイトへの流入ユーザーを解析するためには、少し設定が必要です。
以下の手順で設定を行います。


①Googleアナリティクスの設定

Googleアナリティクスの設定は必須です。



まだGoogleアナリティクスの設定が完了していない場合は、必ず設定をしておきましょう。
※本記事では、Googleアナリティクスの詳しい設定は省略させていただきます。

②Googleビジネスプロフィール専用のURLを作成

Googleビジネスプロフィールに設定するための専用のURLを作成します。
例)
WebサイトURL:https://creativelab.biz/
Googleビジネスプロフィール専用URL:https://creativelab.biz/google-business-profile/

Googleビジネスプロフィール専用URLにアクセスしたユーザーは、個別に計測してくれるようになります。
※表示されるページはどちらもWebサイトのトップページです。



それでは専用URLを作成していきましょう!
「Campaign URL Builder」というツールを使用します。

Campaign URL Builder(キャンペーンURLビルダー)は、Googleが提供しているオンラインツールで、データ収集するためのURLを作成することができます。


入力する項目は以下の通りです。
● website URL:自社WebサイトのURL。フルのURLを入力します。弊社の場合、https://creativelab.biz
● campaign Source:記入例)google-business 半角英数字で入力。どこからの訪問か分かるような文字列にしましょう。
● campaign medium:ブランクでもOKです。入力する場合は半角英数字の文字列を。
● campaign name:ブランクでもOKです。入力する場合は半角英数字の文字列を。