早いもの勝ち!?ドメイン取得の方法

WEBノウハウ

2022-10-02

ドメイン取得の方法

こんにちは。CLスタッフIです。 

以前「初心者でも分かる!ドメインとは?基礎知識」で  ドメインとはどんなものがあるか、独自ドメインのメリットなどをお話ししました。

今回は実際にドメイン取得をする際の手順、チェックすべきことご説明します。 

独自ドメインは一度取得するとずっと使用していくものなので  名前、ドメインの種類もこだわりたいところ。 

ですが、会社やお店に合ったドメインか?そもそも取得できる?費用は?  など決定のポイントとなることが多くあります。


会社・お店に合ったドメインを選ぶ


ドメインの種類はたくさんあります。種類によって特定の組織、団体に適したもの、 取得に条件があるもの、費用も様々です。
  ・.co.jp  :1組織につき1ドメインのみ、日本国内で登記を行っているなど諸条件あり
            日本の上場企業97%が登録している信頼できるドメイン。
  ・.jp    :日本国内に住所をもつ個人・団体・組織 が取得可能。日本を表す定番ドメイン。
  ・.com     :日本国内に住所をもつ個人・団体・組織であれば、用途に関係なく誰でも可能 。世界登録数No1の定番ドメイン。
  ・.ne.jp   :ネットワークサービス提供者。個人、法人問わず取得可能。
  ・.biz      :日本国内に住所をもつ団体・組織。商用利用にのみ使用が可能。ビジネスを表した企業向けドメイン
  上記はよく見るドメインであり、ほんの一部にすぎません。取得費用も2,000円前後~10,000円前後と様々です。    

利用できるドメインか調べる


ドメイン名が決まったら実際に利用可能なのかを調べます。 
ドメインはインターネット上における住所のような役割なので 全く同じものは作成できません。

利用可否が分かるサイトは多くありますが、 調べる際の一例を見てみましょう。

上記の例だと"creativelab"というドメインを取得したい場合、
ほとんどのドメインが既に取得されており、”.mobi"なら取得できることが分かります。
しかし、”.mobi"はモバイル端末向けに作られたドメインのため、
つくりたいHPに適していない。。。ドメイン名を変えよう! という判断にもなります。
取得する目的も踏まえ、会社に合ったドメインを選択することが大切です。

レジストラを決定する


 レジストラとはドメインを管理する事業者のことです。つまりどこでドメインを購入するかです。

レジストラによって、取得できるドメインの種類・取得費用が異なります。
また、ドメインを取得し、管理するにはサーバーも必要になるのでサーバーレンタルも併せてできると管理が簡素化できます。

費用面、管理面を踏まえて決定することをおすすめします。


まとめ


いかがでしたでしょうか。これからHPを制作する方、ドメイン変更を検討中の方の参考になればと思います。

Creative.LABのHP制作では、ドメインの新規取得も代行・サポートいたします。この機会にぜひご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら