Blog ブログ
お問合せ・ご相談

今さら聞けない! HP制作でよく使う用語まとめ

WEBノウハウ

2022-06-24

HP制作でよく使う用語

こんにちは!CLスタッフIです。
今回は私たちがHP制作の場面でよく使う用語をまとめてみました。
専門用語ではありますが、企業でのHP運用や管理が必須となっている
昨今、特にHP、システム担当者の方は覚えておくべき用語です!


1.CMS


Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の頭文字をとった略称です。以前CMSとは?について取り上げていますが、
簡単にいえばHTMLなどのWeb専門知識がない方でも、簡単にホームページの作成・更新・運営ができるシステムのことです。

過去記事:CMSとは?初心者でも分かる!基礎知識を簡単解説


2.ワイヤーフレーム


HPのレイアウトを決定するための設計図です。各ページのどこに
なんのコンテンツを載せるか骨組みだけで表します。
デザインは反映されません。

▼ワイヤーフレームサンプル


3.サイトマップ


サイト全体のページ構成を地図のように一覧で記載しているページのことです。 

ユーザーや検索エンジンにサイトにどんなページやコンテンツがあるかを知らせることができます。


4.コンテンツ


サイトに掲載されている一つ一つの情報のことで、具体的には「会社紹介」「商品紹介」などのページのことです。

これらを組み合わせてページを構成します。


5.ファーストビュー


HPにアクセスした際に最初に1画面で表示される部分です。
fv(エフブイ)ともいいますが、fvで訪問者にどれだけのことを伝えるか、どう見せるかがとても大事です。


6.ヘッダー・フッター


ヘッダーはHPの上部で会社名はもちろんのこと、メニューや会社住所、連絡先なども配置します。
フッターはHPの下部に位置します。HPを構成するメニューを一覧表示したり、会社住所などを表示します。共に全頁共通で表示します。


7.グローバルナビゲーション

Webサイトの全ページに共通して表示するメニューです。

主要なコンテンツへのリンクがまとめられており、訪問者が目的とする情報に行きつきやすい工夫が必要です。


5~7については以下の画像が実際のイメージです。HP制作の打ち合わせの際にも頻出のワードです。