Blog ブログ
お問合せ・ご相談

Googleアナリティクスの見るべきポイントを解説【初心者向け】

WEBノウハウ

2022-04-28

Googleアナリティクスの見るべきポイントを解説【初心者向け】

こんにちは、Creative.LABのスタッフTです。

自社サイトのアクセス解析のために、既にGoogleアナリティクスを導入されている企業様は多いと思います。
しかし、導入はしたものの定期的にアクセス解析はできていない…というケースは少なくないのではないでしょうか。

そんなGoogleアナリティクス初心者の方は、ぜひ本記事で解説する5つのポイントをまずは見ていただければOKです。
見るべきポイントをしっかりつかんで、効果の出るサイト分析を行いましょう!



Googleアナリティクスって何?

Googleアナリティクスは、Googleが提供している無料のアクセス解析ツールです。


例えばこんなことが分かります。


・どんな人がサイトを訪れたのか?
・どのような経路で自社サイトに訪れたのか?
・どのページが一番みられているのか?




見るべきポイントは5つ

Googleアナリティクスにはたくさんのデータが収集されていて、メニューも多く、何を見れば良いか分からないという人も多いでしょう。
まずは、これから紹介する5つの項目を見ていくことをおすすめします。



ポイント①:ユーザーサマリー

Webサイトの集客力を把握できます。
ユーザー数や訪問数、ページ閲覧数など基本的な情報を知ることができます。


■ユーザーサマリーの見方



①左側メニューの「ユーザー」を選んだ後に、直下の「概要」を選択。
②右上の期間をクリックし、期間を選択する。「比較」にチェックを入れると、比較する期間も選べる。
③「ユーザー」をクリックし、選択項目を変更すると、折れ線グラフで数値が確認できる。



■ユーザーサマリーで確認すべき項目


ユーザー サイトを訪れた人数のこと。ユーザー = 人ではありません。
例)Aさんが会社パソコンからBサイトを5回訪れても、ユーザ数は「1」となります。しかし、AさんがスマートフォンからもBサイトを訪れていたら、ユーザー数は「2」となります。
セッション 訪問数のこと。30分以上経過後に、同じユーザーが再び同じサイトを訪れたら、セッションは「2」となります。
ページビュー数 サイト内で見られたページ数のこと。
例)AさんがBサイトの「TOPページ」を見て、続けて「会社概要ページ」を見た場合、ページビュー数は「2」となります。
平均セッション時間 ユーザーがそのサイトに滞在している平均時間のこと。
注意点として、各セッションにおいて最後に訪れたページの滞在時間は0として計算されます。そのため、ユーザーが1ページだけ見て離脱した場合のセッション時間は「0」となります。
直帰率 「直帰」とは、サイト内で1ページだけ見て、他のページを見ることなくサイトから離脱する、という行動を指します。
直帰率とは、全体セッションのうち何%が直帰したのかをいいます。




ポイント②:よく見られているページ

サイト内でどこのページがよく見られているのかを知ることができます。
よく見られているページ=何か施策を打った時に数値変動幅が大きいと考えられる、つまり伸びしろが大きいページであると言えるでしょう。



■よく見られているページの見方



①左側メニューの「行動」を選んだ後に、「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」を選択。
②右上の期間をクリックし、期間を選択する。比較する期間も選べる。



■確認すべき項目


上記画像の「ページ別訪問数」に注目しましょう。
ページ別訪問数は、そのページを見たセッションの数です。1セッションの中で何度もそのページを見たとしても、「1」カウントとなります。




ポイント③:集客チャネル

ユーザーの流入経路を知ることができます。
流入経路というのは、「ユーザーがどこからサイトを訪れたか」です。



■集客チャネルの見方



①左側メニューの「集客」を選んだ後に、直下の「概要」を選択。
②右上の期間をクリックし、期間を選択する。比較する期間も選べる。



■集客チャネルで確認すべき項目
上記画像の③のように、「Organic Search」、「Direct」など流入経路ごとのユーザー数やセッションを確認できます。



・集客チャネルで出てくる主な用語について

Organic Search(オーガニックサーチ) GoogleやYahooなどの検索エンジンからの流入。
Direct(ダイレクト) ブラウザのブックマークやURLの直接入力、メールなどに貼られたリンクからの流入。
Social(ソーシャル) SNSからの流入。
Refferal(リファラル) 他のサイトに貼られた外部リンクからの流入。
Display(ディスプレイ) ディスプレイ広告(=画像バナーなどの広告)からの流入。
Paid Search(ペイドサーチ) リスティング広告(検索連動型広告)からの流入。



ポイント④:ランディングページ

ユーザーがサイト内で最初にアクセスしたページ=入口ページを知ることができます。




■ランディングページの見方



①左側メニューの「行動」を選んだ後に、「サイトコンテンツ」>「ランディングページ」を選択。
②右上の期間をクリックし、期間を選択する。比較する期間も選べる。



「直帰率」(上記画像の③)に注目すると、1ページだけ見て離脱した割合が分かります。
他のページへの誘導がうまくできていない、またはユーザーが知りたい情報を伝えられていないページの可能性があり、サイトの見直し・改善の参考になります。



ポイント⑤:コンバージョン

サイトでのコンバージョン数を知ることができます。
代表的なコンバージョンには、商品購入・会員登録・資料請求などがあります。



■コンバージョンの見方



①左側メニューの「コンバージョン」を選んだ後に、「目標」>「概要」を選択。
②右上の期間をクリックし、期間を選択する。比較する期間も選べる。



■コンバージョンで確認すべき項目


目標の完了数:コンバージョンの数。
コンバージョン率:期間内の全セッションにおいて、コンバージョンが達成されたセッションの割合。



まとめ

Googleアナリティクスは、無料でありながら多くの情報を得ることできます。
まずはご紹介した5つのポイントを定期的に見て、操作や解析に慣れていきましょう。








Googleアナリティクスでの操作や解析が面倒!難しい!という方には、弊社のOwlet製ホームページがおすすめ!
ホームページの管理画面内に見るべきポイントが一覧表示されているので、面倒な操作は不要です!
お問い合わせはこちら