Blog ブログ

お問合せ・ご相談

デザインの配色の参考に!AIでカラーパレットが作れるColorMagicの使い方

デザイン

2023-03-24

デザインの配色の参考に!AIでカラーパレットが作れるColorMagicの使い方

こんにちは、Creative.LABのスタッフTです。     


デザインをするときやスライド資料を作成するときに、配色で悩むことはありませんか? 

イメージに合った配色を簡単に知ることができたら、業務効率がアップするのではないでしょうか。   


そこで今回は、近年話題のAI(人工知能)を使ったカラーパレットツール「ColorMagic」をご紹介します。


1. ColorMagicとは?

ColorMagic1

AIでカラーパレットを作れるサービスです。 

イメージや雰囲気などの「キーワード」を入力すると、AIがカラーパレットを生成してくれます。   


ColorMagicは、ChatGPTでも使われているOpenAIのAPIを使って実現しているそうです。 

しかも、制作期間は約1週間ということで驚きです!   


ChatGPTについての記事はこちら  


アカウントを作成しない場合は、1日3回までカラーパレットを生成できます。 

アカウントを作成しログインすれば、1日10回までカラーパレットを生成できます。 

アカウントは無料で作成できますし、色の調整やお気に入り登録の機能が使えるようになります。   


さらに有料のProプランにアップグレードすると、カラーパレット作成と生成履歴、お気に入り登録が無制限になります。 

◎料金(2023年3月24日時点) 

年間プラン¥480円/月  月間プラン¥680円/月



2. ColorMagicの使い方

ColorMagicの使い方はとても簡単です。
「パレットをつくる」をクリックし、イメージや雰囲気などのキーワードを入力し「生成する」をクリックするだけです。


「春」と入力して生成してみます。


下記のようなカラーパレットが生成されました。どれも春らしいカラーですね^^


「同じワードで再生成」をクリックすると、別のカラーパレットを生成することもできます。

なお、キーワードは複数入力することができます。
こちらは「春 運動会」で生成してみたカラーパレットです。


カラーパレットのカラーコードはクリックするとコピーされるので、簡単にデザインなどに使用できます。


3. まとめ

いかがでしたでしょうか。デザイナーさんはもちろん、日頃の資料づくりなどにも活かせそうなサービスなのではないでしょうか。

今後ますますAIの進歩に注目が集まり、様々なサービスやツールが生まれることが期待されています。
AIを活用したサービスを上手く使用し、業務の効率化やコスト削減などに役立てていきましょう。